天気:晴れ 風:南 波:2.0~1.5m 気温:32度

1ダイブ 石崎マンタスクランブル
透明度:17m 水温:30.2度

2ダイブ 大正ロマン
透明度:22m 水温:28.7度

3ダイブ 石崎マンタスクランブル
透明度:15m 水温:30.3度

今日は正真正銘ピーカンの夏びよりです! 南風もやっと弱まり、夏らしい穏やかな海になってきました。暑~い1日です。が、気持ちのいい1日です。

1本目はマンタスクランブル。「午前中は空いてるだろう?」との予想で1本目に潜ったのですが、水中はダイバーで溢れていました。しまいには、マンタがホバリングしてるのに「ウミウサギの根」に登ってるダイバーまでいるし・・・・・マナーもへったくれもあったもんじゃありません! その場に居るだけでむかついてきたので、貸切りマンタ探しの旅へ! 「マンタを探す!」ってよりも「ダイバーの居ない場所を探す!」って感じで、なんだか訳のわからないガイド(?)なりましたが、それでも合計4匹のマンタを見ることができました。マンタの出はいいんですけどね~!

2本目は川平エリアまで移動して大正ロマンで潜りました。まだ、爆発まではいっていませんがアーチの中はいい感じにキンメモドキが群れていました。もう少しで爆発のシーズンに突入しそうです。根の上では、まだ2~3cmくらいのマダラタルミの幼魚が! 白黒のツートンカラーでヒラヒラと泳ぐ姿は、持って帰りたいくらい(?)に可愛いですよ!

3本目は再度マンタスクランブルへ。1本目に比べると船もダイバーも少なくなっています。「西の山脈」以外はダイバーが固まることもなかったので、のんびりとマンタを楽しむことができました。マンタは1匹だけであまり続けてはホバリングをしなかったのですが、ポイント全体を絶えずウロウロしていたので、正面接近&頭上通過の自分の好きなパターンで楽しむことができました。

(↓)大正ロマンにいたマダラタルミの幼魚です。頑張って撮ってたのですが・・・・・まともにストロボが当たってるのは1枚もありませんでした。5050を持ってきてればよかった・・・。

マダラタルミの幼魚

和名; マダラタルミ
英名; Black and white snapper , Black snapper
学名; Macolor niger