天気:晴れ 風:東 波:1.0m 気温:33度

1ダイブ 石崎マンタスクランブル
透明度:22~17m 水温:29.2度

2ダイブ 大正ロマン
透明度:20m 水温:28.2度

3ダイブ 大崎ハナゴイリーフ
透明度:17m 水温:30.1度

4ダイブ 名蔵湾マッシュルーム
透明度:25~18m 水温:30.0度

今日もピーカンの夏びよりです!
太陽はキラキラしてるし海は穏やかだし・・・・・台風5号が接近中なのを忘れてしまうような気持ちのいい天気です! が、間違いなく明日あたりから台風の影響が出てくるので、今日は頑張って4ダイブしてきました。季節労働者(?)な現地ガイドとしては、仕事があるときに頑張っておかないとね~!

1本目はマンタスクランブル。昨日の雪辱を晴らすべくリベンジマンタに行ったのですが・・・・・あえなく玉砕! 張り切って1番乗りで潜ったのに・・・。でも、朝一は水もキレイでしたよ! 「キンニクンの根」の麓(?)では、アオリイカが産卵行動をとっていました。

2本目は川平エリアに移動して大正ロマン。ここもまずまずの透明度です。根を降りていくと凄い数のクマザサハナムロの群れがお出迎え! クリアな水の中で見ると、青っぽい身体が涼しげでいい感じです。アーチの中のキンメモドキは徐々に数が増えてきています。

お昼は川平湾ホーニフの浜に上等号を着けて、タンクの積み替え&ランチタイム! 陽射しが強いので海の色が最高にキレイですね! ホントに七色の海の色をしています。思わず、このまま昼寝をしていたい気分になってしまいました・・・。

3本目はハナゴイリーフ。ホントはラストチャンスで再度マンタスクランブルに潜る予定でしたが・・・・・2本目で減圧を出しちゃった人がいたので、大崎ハナゴイの浅場に変更です。ここも透明度はまずまず! 天気もいいので、ユビエダハマサンゴに群れるアカネハナゴイやキンギョハナダイが色鮮やかでキレイでした。水底ではオドリハゼやハタタテシノビハゼ・クビアカハゼなど、これといって珍しい生き物は見つけられませんでした。

4本目はマッシュルーム。ここはビックリするくらい水がキレイでした。名蔵湾特有のプランクトンみたいな透明のブヨブヨは漂っているのですが、いつもだと水の色がちょっと茶色っぽいのが今日は濁りっ気なしのクリア! 順光だと余裕で25mオーバー! 逆光でも17~8mは見渡せていました。ハマサンゴの周りでは、ネオンテンジクダイ・ウスモモテンジクダイ・グルクンの稚魚が爆発して凄いことになっています。アンカーの周辺では100匹くらいのホソカマスの群れ! 当然、スズメダイ系は幼魚と成魚が入り乱れてどこに行っても群れ群れ群れ! ホントに気持ちのいいダイビングでした。

(↓)石崎マンタスクランブルの「メインの根」の裏側の深場! アーチを抜けて、中層を移動中のワンショットです。朝一番は、気持ちいいくらいスッコーンと抜けてましたよ! でも、肝心のマンタが出てくれないんですよね・・・。

ファンダイビング