天気:晴れ 風:南~南東 波:2.5m 気温:30度

1ダイブ マサングチ東
透明度:15m 水温:26.7度

2ダイブ 竹富海底温泉
透明度:10~15m 水温:26.9度

今日は陽射しが眩しいピーカンの夏びよりです! 風はまだ強く吹いていますが、これだけ気持のいい天気だと「許せちゃう!」って感じです。

1本目はマサングチ東。船の上から見てる分には意外に水がキレイっぽかったのですが、水中に入ると「やっぱり・・・」でした。砂が巻き上げられて白っぽく濁っています。まぁ、あれだけ長い時間台風で掻き回されたので仕方ないですね! サンゴはまったく無傷でした。アオサンゴの群体もリュウキュウキッカサンゴの群体も元気です! カクレクマノミのすぐ隣りでは、巨大なドクウツボがホンソメワケベラにクリーニングされていました。

2本目は海底温泉。ここも白濁りしていました。おまけにクサハゼエリアの砂地には、台風で巻き上げられて温泉のドロ状の砂(?)が降り積もったみたいで、ハゼに寄ろうと砂地に手を着くと「ヌプッ」とめり込んで「モワ~」と砂の煙幕が広がってしまいます。当然、クサハゼは煙幕に包まれて撮影不可能・・・。ってゆーか、肉眼でも確認できなくなる始末! しかも、今日は流れがほとんどなかったので煙幕がなかなか晴れない! ハゼの出が良かっただけに悔しいですね~! ってことで、初めは透明度15mくらいあったのですが、自分たちでかき回してしまって後半は透明度10mです・・・。でも、今日のは不可抗力ですよね~! クサハゼ・クサハゼ(sp)・シマオリハゼ・ホソガラスハゼ・ムチカラマツエビ・イソバナガニ・セジロクマノミ・シモフリタナバタウオなど。

《今日のペプシ》 AT-ATドライバー(No.30)をGET! って、ダブリが増えただけなんですけど・・・。 ダブリキャラは25個に増えてしまいました。飲んだペプシの本数61本! 30.5リットル!

(↓)砂地のハゼは全滅だったので・・・・・セジロクマノミでも!

セジロクマノミ

和名; セジロクマノミ
英名; Orange anemonefish
学名; Amphiprion sandaracinos