天気:晴れ時々曇り 風:北東 波:2.0m 気温:31度

1ダイブ 竹富南リトルサンドパラダイス
透明度:25m 水温:27.1度

OW講習① 大崎ハナゴイリーフ
透明度:18m 水温:27.4度

OW講習② 大崎アカククリポイント
透明度:16m 水温:27.3度

OW講習③ 大崎ミノカサゴ宮殿
透明度:16m 水温:26.9度

今日は朝のうちは雲の多い天気でしたが、お昼前くらいから段々と晴れ間が広がってきました。風が弱いので海は穏やかです。

1本目はリトルサンドパラダイス。早朝出航でポイントに1番乗りです。今日は珍しくちょっと流れがあったのですが、朝一なので水がむちゃくちゃキレイでした! お客さんも1名のみだったので、ニコノス15mmでスカテン&キンメを撮りまくり~! アッとゆー間にフィルム1本使い切っていました。その後はデジカメ(7070)に切り替えて、マクロ系を撮りまくり~! さぞかしいい写真が撮れたのでは? ガレの上ではエンマゴチが休憩中! コイツラって、ホントに逃げないですよね!

2本目からはオープンウォーターの講習です。学科とプール講習を内地のダイビングショップで終らせて「海洋講習のみ石垣で!」のいいとこ取り(?)パターンです。が、台風15号が接近中なので、今日のうちに頑張って3ダイブ潜ってきました。波の穏やかな大崎での講習です。透明度は期待していなかったのですが「えっ、キレイじゃん!」って感じの好調なスタート! 浅場のユビエダハマサンゴの群生が特にキレイでした! お客さんもあまりの魚の多さ(と、馴れ馴れしさ?)にビックリしていました。こーゆー状況で講習ができると、やってるほうも嬉しいですね! イントラ冥利に尽きます!

(↓)リトサンのハナヒゲウツボの幼魚です。サイズ的にはけっこう大きいのに・・・・・黒のままなんですよね! ハナヒゲウツボの幼魚時代ってどれくらい続くんだろう・・・? テルユキさんの撮影です。

ハナヒゲウツボの幼魚

和名; ハナヒゲウツボ
英名; Ribbon eel , Ribbon moray
学名; Rhinomuraena quaesita