ぷちのひとりごと

今日の石垣島は晴れ。日向は暑い~日陰は過ごしやすい一日です。気持ちいいね~。

ちょびは海岸ロードの散歩です。そろそろ香ばしい匂いのちょびです。お風呂かな~、ちょび。昨日、まっちゃんが風邪引きのぐちゅぐちゅの鼻をかんだおテッシュを食み食みしたためうんこに白いおテッシュが・・・何故かこの子、鼻紙おテッシュが大好き!!夜中とかゴミ箱をあさっておテッシュ食み食みするでちゅ~!朝起きると散らかっていて、すぐに分るんだな~、これがっ!おまけにちょびのうんこの先端に白くおテッシュが絡み・・・分るんだな~、これがっ!ねっ、ちょび~。

今日は八重山商工の決勝戦です。朝から気にはなるのですが・・・お仕事も・・・。
TVを見る暇がなく近所の方に聞いたら「2-7」で長崎の清峰に破れてしまいました。惜しかった~!!が、甲子園出場は決定?!のようです。本当におめでとう!!
しかし本当に石垣っ子は凄いね。今回の準優勝は島全体が応援したはず。

初めは「八重山高校を甲子園に行かす会」が発足。しかし、八重校だけでなく石垣島(八重山の他の離島には高校がありません。各離島から寮生活などで高校に通っています)から・・・いえいえ各離島を含めた八重山から甲子園に行って貰いたい!という気持ちから「八重山から甲子園に行かす会」が誕生しました。民間から勝利の請負人である伊志嶺監督を招いて。(前回、伊志嶺監督が小中学生を優勝に導いた監督とお知らせしましたよね)一時は監督と選手の葛藤などもあり部員数が2~3人まで減った時期もあったそうです。しかし、かつての教え子たちが伊志嶺監督の元で野球をやりたい!勝ちたい!と集まったようです。・・・やはり子供の頃からの教えは大切ですね。親の仕事の転勤で那覇にいた子もわざわざ石垣島に戻って来ました。

今回の大会は那覇で行われたのですが、体調不良の子供たちを朝早くから診てくれたのは八重山出身のお医者さんだったようです。心温まる話ですよね。
アルプススタンドの応援団も、今までは離島からはなかなか応援に行けず(旅費がかかる為)寂しい応援団だったようです。それを見た沖縄本島の小中学校のブラスバンドが大応援団を組み選手たちを応援したようです。(八重山商工の選手にゆかりのある学校だと思います)

八重山が一丸となり、選手たちもそれに応えて自分たちのために頑張ったのだと思います。
こうなったら春は甲子園に応援に内地に乗り込むぞ!!おぉ~!!

本当におめでとうございます!!!

ちょび