ぷちのひとりごと

今日の石垣島は曇りのち晴れ。予報を裏切った天気です。風は強くなってますけど。気温は24度くらい。明日はもう少し寒くなるようです。

ちょびは上等号の見回りを兼ねて港で散歩です。相変わらずホテホテと張子の虎状態で歩きます。超~可愛い~!!今日も色・艶ともによし!!昨日とは一変して肌寒いですね。そろそろ帰ろうか、ちょび。

今日は心の栄養日。
石垣市民会館で開かれている昔の竹富島の風景写真展を見に行って来ました。
白黒で撮られている写真は私でも懐かしさがこみ上げてきました。私の小さい頃はリヤカーがよく通っていました。盛岡の実家では今でも野菜や果物を積んだリヤカーを引っ張って昔ながらに行商するおばさんが健在です!昔は家の家族が食べ残したもの、野菜くずなどの残飯は定期的にリヤカーのおじさんが持っていってくれました。豚の餌にしたようです。近所には井戸もありました。・・・いつの頃からでしょうか?残飯が生ゴミになったのは・・・お豆腐も近所の八百屋さんが扱っていて台所からボールを持ってお使いに行ったものです。もしくはチャルメラの音みたいなラッパを吹いたおじさんがチャリンコで売りに来ていました。
夏休みはセミ採りに行き、のこのこと呼ばれたセミの幼虫の穴をほじったり。北上川の辺で蓮華の花で冠を作ったり、暗くなるまでよく遊んだな~と思い出してしまいました。
懐かしい原風景です・・・。

それからず~っと気になっていた「八重山平和記念館」に行ってきました。
戦争マラリア・・・八重山の悲劇は戦争の戦闘で亡くなった方よりマラリアに罹り亡くなった方の方が多いことが上げられます。その数、実にマラリア患者数16、884人(人口比53、82%)死亡者は約3700名近くです。驚きました。2人に1人がマラリアに罹ってしまったとは!何で?!・・・戦争では人間が人間として扱われずに起こる悲劇があると教えてくれました。満足な医薬品や食料もないまま苦しんで死んでいった方々がいることを忘れてはいけません。特に沖縄は日本で唯一の地上戦が行なわれた土地ですから。・・・
でも八重山はそのことを忘れず後世に伝えようとしています。尚且つ、八重山ではマラリアが撲滅することが出来たことを活かし世界の地域でマラリア苦しんでいる人の手助けもしています。改めて戦争のことや平和のことを考えてしまいました。確かにここに展示されている数々の品は使っていた人が存在するんだと。

ちょび