ぷちのひとりごと

今日の石垣島は曇り時々晴れ。気温は上がらずに13度の予報です。…さむっ!
風は北。…着ぐるみでモコモコしている私です。

ちょびはお客さまを見送ってからマンタ公園(今日は乗合いでフジイさんにお願いしてしまいました!)で散歩です。ちょびは何やらプラスティックのゴミをおもちゃにして興奮しています。船に乗っているお客さまに遊ぼうポーズです。(シーサーのようにお尻を持ち上げています)
最近のちょびは体調が思わしくなく?うんこは白っぽいです。大丈夫か~、ちょび。しかし、ちょびの食欲はがちまや~!お散歩は相変わらず大好き!!…そうは言っても年末だし動物病院の先生に相談してみるかね~。…

昨晩は安里勇さんの「ばが~島のうた会」…還暦のお祝いコンサートに行ってきました。
会場は立ち見ができるくらい盛況でした。はっきり言って感動しました。
「まぶたを閉じれば、潮騒の音、風の音、先人達の叫び声が聞こえてくる」…
安里氏は心から発せられるものを唄に込めて、時には朗々と…時には激しく歌いました。本来が照れやな方です。殆んどおしゃべりはありません。それでも内容は濃くてあっという間の3時間30分でした。特に師匠の「山里勇吉氏」と共演された「とぅばらーま」は圧巻でした。聞いていて涙が出てしまいました。

安里さんと知り合ってから3年です。てぃだがオープンした年に私は初めてお会いしました。
お客様のTさんご夫婦が安里さんのファンだったのです。初めて安里さんの民謡酒場に連れて行って頂き、その唄を聞いた時は病後ということもあり呼吸が、息継ぎが辛そうな感じだったようにお見受けしました。が、時折…何と言うか…水中で息堪えをして最後の最後まで息を止めてブラックアウト寸前の時に発せられる快感のような唄の歌い方にビックリしたことを覚えています。体は非常に痩せているのに声の力量は驚きでした。

そういう訳でTさんご夫妻がいらっしゃると必ず「安里屋」さんにお邪魔しちゃいます。(今回はコンサートのみですが)
今回は還暦の記念講演のためTさんご夫妻は石垣島入りです。裏方さんとしても活躍され、Tさんは舞台で山里勇吉氏に飲みのもを渡したり、イスを出したり引っ込めたり。奥さんは安里氏のCDの販売をされたり。公演後は後片付けに打ち上げとお忙しそうでした。お疲れ様でした~!

安里勇