ぷちのひとりごと

今日の石垣島は晴れ。風は東。久し振りに朝から太陽マークです!やっぱり太陽が見れると嬉しいですね。

ちょびはお客様の出航を見送ってから港で散歩です。ちょびも久し振りの港は嬉しいようでテンションが高め。全身からうれぴ~とオーラが出ています。これだけ、はしゃぐとお店に帰ったらぐっすり朝寝?かも。笑。今日のちょびのうんこは確認できず。草むらの深い所でやってしまった…。

チョクロク&ティナも元気に散歩。こやつらはどんな時もテンションが高い。例え、雨の日でもね。チョクロクはまだまだ子供だし、ティナは野生児だからね~。

ようやく昨日、「Dr.コトー診療所」を見終わりました。Y子ちゃん~、ありがとうね~!
全部で10話、全ての話に涙しました。そして要所要所にうなずく場面がありました。八重山の離島には残念ながらDr.コトーはいないけど(診療所はあっても、急患は海保のヘリで搬送します。…最近、ようやく黒島の診療所も診察を再開したようです。)消えかかっている命は救われているはず。

与那国の南に位置する一番小さな集落の比川…私が訪れた2000年には「Dr.コトー診療所」はありませんでした。あの砂浜は歩きました。懐かしいな…。今ではその近くに「与那国の塩」の小さな工場があると聞いています。(話では東北の…もしかして同じ岩手の女性がやっているかも…と聞いています。会ってみたいな~。)私が訪れたのは夏。ここの暑さは半端ではない!しかも夕日が暑いのなんのって。

私の与那国のイメージは女性が逞しいです。「サンアイ・イソバ」のイメージでもあります。昔の女性酋長石垣島のダイビングスタッフのフォト日記。ぷちのひとりごと。。知恵者で力持ち…そういえば、私が知っている方にも与那国出身の女性がいるのですが、彼女も豪快というか…与那国の人はそんなイメージです。

昨年のJTAのカレンダー。12月は与那国島の夕日の写真でした。西崎から見た紫色に染まる景色…一口に紫といってしまうのですが、その絶妙なレインボーカラーから成り立っている夕焼けを見ていると以前にお客様がハワイで見た夕日の素晴らしさに近いのでは?!と思ってしまいました。

夕日がレインボーカラー?と思うかもしれませんが本当にレインボーカラーです。いつの日かまた与那国で見たいな~、そしてハワイでもと密かに思っている私です。

ちょび