天気:曇り時々晴れ 風:北東 波:2.5~2.0m 気温:18.1度(11.1度)

1ダイブ 大﨑ミノカサゴ宮殿
透明度:30m 水温:21.8度

2ダイブ 大﨑ハナゴイリーフ
透明度:25m 水温:22.4度

3ダイブ 大﨑ハナゴイリーフ
透明度:20m 水温:22.4度

石垣島は曇り時々晴れの天気です。朝のうちは気持ちよく晴れ渡っていたのですが、出航するころには雲が広がって、ダイビングするころにはまた晴れ渡って・・・・・そんな感じの繰り返しの1日でした。トータルだと曇り割合が高いかなぁ? 風はまだ冷たいのですが、太陽が出ると日射しが暖かいです(´▽`* )

1本目はミノカサゴ宮殿!
今日の大崎は水がスコーンと抜けて最高の透明度です! リーフエッジを少し泳ぐと沖の根が見えてました。移動中の目の前を横切るユメウメイロやクマザサハナムロの群れがいい感じです。沖の根はスカイテンジクダイやウスモモテンジクダイはたくさん群れてるのですが、主のミノカサゴは不在でした。大崎も冬のオフシーズンでボートもダイバーも少なかったので「大きいのいるかな?」と期待してたらサメにも会えました(^▽^)

ホワイトチップシャーク

和名; ネムリブカ
英名; Whitetip reef shark
学名; Triaenodon obesus
愛称; ホワイトチップシャーク

2本目はハナゴイリーフ!
こちらもガラ空きです。そして、大崎にしては透明度もいい感じです。水中では他のダイバーとすれ違うこともなくハナゴイリーフを貸切りでした。マイペースで潜れるのが冬の良さですね! ウミガメもじっくりと観察&撮影できました。おかげ(?)でウミガメでほぼ時間を使ってしまい予定していたコースを回り切れませんでした。ということで・・・

3本目もハナゴイリーフです!
浅場を回って産卵中のコブシメ探しです。コブシメは2匹いたのですが、産卵をしてくれなかったので思ったほど寄れませんでした。タイミングが悪かったのかな? フィッシュアイレンズのゲストなので被写体が油断してくれないと厳しいです(^^;)
後半は再度ウミガメ撮影隊です。2本目でサンゴにあごを乗せて昼寝してたチビウミガメが、同じ場所に同じ姿勢でまだ寝てました。ウミガメの無防備な生き様が潔いというか面白いです。笑

アオウミガメ

和名; アオウミガメ
英名; Green turtle
学名; Chelonia mydas