石垣島の少人数制ダイビングショップ

マンタのうんちく話

基本はマンタの口ヒレ

マンタウォッチングをするときにマンタの口ヒレ(頭鰭)をよく観察してください。

マンタ01

口ヒレが伸びているマンタと、口ヒレを巻いているマンタがいます。

マンタ02

移動中は上の写真のように口ヒレを外巻きにしています。
マンタが、ホバリングをする根に向かっているときはこの状態です。
ホバリングの根に近づくと、口ヒレがゆっくり伸びてきます。しかし、完全に伸びきるまでは焦る気持ちをグッとこらえて近寄るを待ちましょう!
まだ「ホバリングしようかな?」の決めかねている状態です。

マンタ03

口ヒレが伸びてマンタがゆっくりと旋回を始めたらホバリング開始です。
マンタを脅かさないよう根に近づき、ゆっくりとマンタウォッチングを楽しみましょう!

マンタ04

写真のようにホバリング中に片方の口ヒレだけを巻いたときは、巻いたヒレと逆方向に方向転換します。
マンタの口ヒレ(頭鰭)は舵取りの役目もしています。

マンタのオスとメスの見分けかた

下の2枚の写真を見て、
どっちがオスのマンタでどっちがメスのマンタか分かりますか?

マンタ05

答えは、左がオスのマンタ、右がメスのマンタです。
見分け方は簡単です。

マンタ06

シッポ(尾ビレ)の付け根に突起があるのがオスのマンタです。

マンタ07

突起のないのはメスのマンタです。
突起部分はクラスパーと呼ばれるマンタの生殖器です。
写真が小さくて分かり難いと思うので拡大写真を!

マンタ08

オスのマンタ!
尾ビレの付け根に突起(クラスパー)があります。

マンタ09

メスのマンタ!
尾ビレの付け根が平らになっています。

意外と簡単に見分けがつくので、マンタウォッチングの際には自分の目でも確認してみてください。
マンタウォッチングの楽しみ方が広がりますよ!

初めての方もお気軽にお問い合わせください TEL 0980-87-5530 電話受付 8:00~21:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 石垣島てぃだダイビングサービス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.