天気:晴れ 風:東 波:3.0~2.0m 気温:32.5度

1ダイブ 名蔵湾アカククリの根
透明度:17m 水温:27.5度

2ダイブ 名蔵湾マッシュルーム
透明度:22m 水温:28.3度

夏休み最終日の今日もいいお天気でした。北からの大きなウネリは残っていますが、御神崎から南側は穏やかです。昨日めちゃくちゃ透明度がよかったので、今日は名蔵湾で2ダイブです。

1本目はアカククリの根。昨日に比べると若干透明度は落ちてましたが、普段の名蔵湾(?)からするとベストに近いくらいに水が抜けていました。アカククリとツバメウオの混成軍を数えたら、1ヶ所に固まってるのだけで38匹もいました。ついでに、マダラタルミの若魚4匹も加わって・・・・・圧巻です! で、ここで訂正です。昨日のログには「アカククリ&ナンヨウツバメウオ」と書いてたのですが、よく見ると胸ビレが黄色いので「アカククリ&ツバメウオ」の間違いですね。あんまり細かいことは分かんないので、もしかしたらこの訂正文も間違ってるかも知れないんですけどね・・・? 「お気に入りの根」にも行ってみたのですが、今日もマダラエイはいませんでした。最近このポイントで大きい系の魚をめっきり見かけなくなりました。以前はマダラエイやバラクーダ・ホシカイワリなどがウロウロしてたのですが・・・。

2本目はマッシュルーム。ここも水がキレイだったので、普段はあまり行かない根の先端の方を探索してきました。倒れたハマサンゴにはオイランヨウジが大小2匹ついていました。小さい方は体長4~5cmくらいでヒョロヒョロしててめちゃくちゃかわいかったですよ! 岩を捲ると見たことのないエビがいました。オシャレカクレエビを黒くした感じなのですが・・・・・何だったんだろう? その他、ベンテンコモンエビ・ミカヅキコモンエビ・オビイシヨウジ・ウルトラマンホヤ・カシワハナダイ・ロクセンヤッコなど。そーいえば、テーブルサンゴを包み込むように群れてたウスモモテンジクダイが・・・・・もの凄くキレイでした。

(↓)「頼むからじっとしててくれ~!」と心の中で叫んでしまいそうなカシワハナダイ(中央)です。名蔵湾にしては水がキレイで水中まで光が射し込んでくるので、赤い色がひときわ鮮やかでした。

カシワハナダイ

和名; カシワハナダイ
英名; Silverstreak anthias
学名; Pseudanthias cooperi