天気:晴れ時々曇り 風:北東~東 波:2.5m 気温:20度

今日はいい感じに天気予報が外れて、晴れの気持ちのいい天気でした。風も東に回ったので、暖かいとまではいかないまでもすごしやすい1日でした。

今日はユタの方にお店を拝んでもらいました。去年1年間、事故もなく飢える(?)こともなく無事にすごすことが出来たので「神様、1年間ありがとうございました!」の感謝の拝みです。「年の明けたこの時期に?」と思うかもしれませんが、こーいった行事(?)は旧暦で動いているので、旧暦で数えると今日は12月12日でまだ年が明けていないことになります。なので、今の時期に「1年間ありがとうございました!」の拝みを行います。ちなみに、2月9日が旧暦のお正月です。

別にどーでもいいことなのですが、自分は拝みのときはなぜか「松川さん」になってしまいます。「松永」とゆー名字は沖縄県には存在しない名字(内地の名字)みたいで、同じ「松」つながりで宮古島に多い「松川さん」と間違われてしまいます。「松川さん」に間違われるのは、別に拝みのときに限ったわけではなく、役所に行ったときや電話に出たとき、オバァと話してるとき(?)など、口頭で名前を告げたときはけっこう頻繁に間違われてしまいます。ひどいとき(?)には、いつのまにやら「松川さん」の「川」だけのつながりで「砂川さん」になって・・・・・元の名前がどこにもなくなってしまうことも?

で、当然のことながら、神様に拝みを入れてるときも拝みの節々に「松川久史」と間違った名前で出てきてしまいます。一応、ユタの方には「松永です。」と何度か訂正はしたのですが、「あ~、松永さんね~!」と言いつつも、いざ拝みが始まると「さりとーとー、さりとーとー、松川久史の・・・」って感じです・・・。
初めのうちは「ちゃんと拝みが通ってるのかな?」と心配だったのですが、最近は前向きに考えれるようになりました。神様だってその道(?)のプロだし気が遠くなるくらい経験も長いはずなので、現場の判断(拝みの内容から「松川さん」じゃなくて「松永さん」のことだと判断して訂正!)で動いてくれてるだろうと・・・。柔軟に考えれば、名前ってのは「区別」するためのものであって「本質」を現すものではないですからね~! そんな感じで来シーズンも前向き(?)にがんばりま~す!

(↓)拝みの間はちょびもお利口にしていました!

ちょび