ぷちのひとりごと

今日の石垣島は曇り。朝のうちスコールのような雨が降りました。お昼からは青空も見えたのですが…風向きが変わって冷たい風が吹き始めました。変な天気です。

朝は一悶着!夕べ、ライオンくんを無事に捕獲。大人しく一晩過ごしたらお風呂に入れて…などと単純に考えていたのですが、やはり夢物語となってしまいました。
朝のライオンくんはリードを引きずってにこやかな笑顔です。「そんな~。つながれていない…」困りました。ズルズルと引きずる音が…。

ライオンくんに「散歩行くよ~」と声を掛けても動かず。仕方ないからチョクロクを連れて行きます。チョクロクは後が気になります。どうやらライオンくんの気配が感じられるようです。「ウ~ッ!!」と怒ったような声を上げます。変だな~と思いながらも海岸でリードを外すと一目散にライオンくんの元へ。それからは取っ組み合いです。「止めなさい!」と怒っても聞こえません。明らかにライオンくんが不利です。あっという間に下敷きにされて喉元に噛み付いて?いる様子でした。ビックリした私は履いていたサンダルでチョクロクを怒りながら叩きます。その声にご近所の方が何事だとでてきてくれますが、どうにもなりません。首輪ごとチョクロクを引っ張り2匹を引き離しました。どうしてこうなったのか…。

チョクロクをお店につないでライオンくんの捜索です。怪我をしていないか心配です。結局は見つかりません。…何処に行ったのか。…暫くすると戻ってきました!ライオンくんは怯えていました。チョクロクに見つからないように裏口から再会です。彼自身もどうしてこうなったか分からないのでは?!生き物を飼う事は本当に難しいです。

ライオンくんは私に寄り添いたいという感じです。あまりに理不尽な出来事に戸惑っていると思います。しかし、再びリードを食いちぎって脱走です。どうしようもありません。せめてリードの切れ端が道路を横断する時に車に取られないように事故にならないように外すしかありません。

脱走しても、また戻ってくるライオンくん。ここの場所が肌に会っているのだと思います。どうしたらいいのでしょうか?悩みます。…

ライオンくん