ぷちのひとりごと

今日の石垣島は曇り。前線の影響で風は北に回りました。昨日とは変って涼しさも感じます。予報では最高気温が29度。

着後のお客さまの迎えで空港へ。土曜日だと言うのに活気がない。
空港に送迎する時は同業者のダイビング屋さんのスタッフの姿が多く目立っていたのに。…
旅行者と提携しているダイビング屋さんはそこそこお客様がいらっしゃるようですが、私たちのようなこじんまりやっているダイビング屋さんは週末でもお客さまの人数が少ないように見受けられます。(人事にように言ってますが、内心は焦ってます!)

どうやらお客さまの人数が少ないと乗合するシッョップさんもチラホラお見受けします。
確かに原油高騰で石垣島での燃料費が馬鹿高いものになっている現在は経費節減を考えるようになっています。今日からガソリンは値上げです。来週も上がる予定だそうです。…困った。…

最近の新聞では石垣島に来る観光客の数が減っていると騒ぎ始めている。…
最近では居酒屋さんも「今日は満席です」と断られることがない。…

内地から石垣島へ移住する人を見込んでのアパート建築ラッシュもそろそろ落ち着きを見せ始め、新しく建ったアパートも空き部屋が目立つようになってきたし、既存のアパートは「空き部屋あります」の不動産屋さんの看板が至る所に立っています。…

どうやら石垣島の経済はピークを過ぎて下降気味でしょうか?石垣島の経済も暗雲が立ち込めているようです。と、暗い話になってしまったけど本当はそんなことではなく、私が書きたかったのは今月号の石垣市の広報に載っていた事。

毎年、石垣島で開催されるトライアスロン大会のことです。
トライアスロン大会を開催するかしないかで時々、新聞でもこのことを取り上げています。

私は結論から言うと継続開催すべきだと思います。
日本では石垣島だけがワールド大会開催の地であり、既に10年以上続いた大会です。
今年の大会は1465名が全国各地から参加されました。これって凄くないですか?!そして、この大会を開催するに当たってのイベントは石垣市民のマンパワーの結集なのですから。

日本の南。人口約4万5千人の小さな島で世界のトップアスリートの接戦を真近に見られ、日本各地から集ったアスリート達の応援に思わず力が入りますよね!

大会を開催するに当たっては関係者はもちろん、市民ボランティの労力は大変だと思います。ここでもう一度、今までやってきたことや努力してきたこと思い出して…来年の大会も成功させましょう!

ちょび