ぷちのひとりごと

今日の石垣島は晴れ!ホントに良い天気です。

ちょびはお客さまを見送ってから港で散歩です。朝が満潮の為にちょびは自力で船に乗船できませんが、船から降りる時は軽やかに降りるようになりました。…スタッフとしての自覚が甦りつつあるようです。笑。

昨日は5日。沖縄での私のバイト先…ルビー食堂のお給料日でした。う~ん取りに行けない!笑。
沖縄に滞在中はかなり時間を持て余していたのでバイトを探したのです。沖縄のバイトの自給は平均650円でした。その中で「ルビー食堂」は700円だったので即!連絡して雇ってもらいました。時間は17:00PMから24:00PMまでの7時間労働です。

通勤時間は3分。…かからないような…。もの凄い近い所のバイトでした。なので24時に終わっても大丈夫。沖縄の食堂ならキッチンの中で料理を教われるかな~と安易に考えいました。しかし、ここのバイトは超~ハード。創業50年の由緒ある沖縄の人々の胃袋を満たしてきた歴史が…本当に目の前にいる!ここで働くおばちゃんたちはナ・ナント勤続10年クラスが大勢いました。そう言えば「松永さん~、長く働いてね~」「あっ!はい」と返事をしたものの…。(心が痛みました。長くて1ヶ月だから。)

まさか…10年とは!バイト先はみんな女性です。沖縄は女性が働きものだから。みんな逞しいです。そんな中でナイチャ~1人の私は沖縄の先輩たちと働くことになりました~。「沖縄のおばぁ~になりたい」修行の始まりです。笑。

初日は忘れもしない…何も教わることなくホールに出されたわたしは???ですが立っている暇もなく、何かを聞きたくても「教えれないさ~、忙しいさ~」とまるで洗濯機の中に放り込まれたような忙しさにもみくちゃにされました。

大げさな…と言われそうですが、那覇にお越しの際はぜひ!「ルビー食堂」を覗いて見てください。満席になったら60人にもなるホールを端から端まで3人、もしくは2人でこなす忙しさ。お客様はひっきりなしに入ってきます。メニューは60種!脅威のメニューです。

メニューは入り口に張っている一覧表だけ。それはそのまま食券の販売機の各大図でもあります。金銭授受はなく食券を買って頂いて、お客様が座る席を確認してキッチンに注文を入れる…それだけのことなのですが…。

ホールの神さまはA里さん。彼女の年齢は定かではありませんが、軽やかな身のこなしと無駄のない動きには感服!!全て彼女に聞けば答えてくれるけど、忙しい時は「ハイ!ハイ!ハイ~!」と横を通り抜けて答えをくれない。もう1人のT念さんは私より3日前に入った人。彼女も???しかも声がでかくて「だぁ~!だぁ~!」とお客様をなぎ倒して配膳する特技を持った人でした。笑。

習うより慣れろ!そんな現場はキッチンからも「誰ね~!!」の声が連発される賑やかな?ルビー食堂です。笑。
この夏、ルビー食堂で働けたことは私の宝物です。沢山の人との出会いに感謝です。

ちょび