ぷちのひとりごと

今日の石垣島は晴れ。風が一段と強く吹いています。…ミーニシにはまだ早い…。

ちょびはお客様の出航を見送ってから港で散歩です。今日のちょびのおもちゃは上等号Ⅱにあった人口芝生。噛むとギザギザの葉っぱもどきが口の中で軽く刺さるようで…笑。ワジり度が高めの様子。笑。風に吹かれながらも元気にうんこでぇ~す。色・艶ともによし!

チョクロク&ティナも元気に散歩です。最近はかなり涼しくなったので散歩も快適な様子。チョクロクの毛並みも戻りつつあります。よかったね~、チョクロク。もう少し落ち着いたらシャンプーするからね。ティナも毛をカットしないと…ボーボーです。ボンボリのように毛が固まっています。

昨日の夕方は川平へ。結願祭のリハーサルを見学しに行ってきました~。
今年は10月15日(月)の今日が川平の結願祭です。川平を出てから早5年。その間は川平での結願祭に行くことはできずにいます。今年こそは!と思うのですが果たせません。神様は「まだ早いぞ~」とおっしゃっているもかもしてません。

ミハルさんもそろそろ屋久島に帰るこの時期。2人で結願祭を見ようねと誓い合ったのですが…今年も無理。ミハルさん、ごめんね。…だけど彼女のことだから他に一緒に行く人を見つけたはずね~。心配しなくても大丈夫だはず。

と言うことで…久し振りの川平は公民館の所だけが活気づいていました。
結願祭のリハーサルの様子を見ようと集まった観光客やダイビングを終えたダイバーが集まっていました。私たちは仲間商店のベンチを乗っ取って…まっちゃんはビールを飲みながら満喫です?

私は川平村に響き渡るパーランクーや笛の音にドキドキ…。いつもながらの風景の中、みんなそれぞれの役割り分担をして真剣な顔つきです。婦人会は公民館の台所で明日の折り詰めの用意。公民館のイスには長老たちが座り後輩たちの演技を温かい眼差しで見守っています。

おば~は座っていられずに立ち上がって…庭の芸能がスタートするあたりで手拍子です。壮年会?の面々は演技指導に忙しく…そんな風景が私は大好きです!太鼓の叩き方や行進?仕方や歩き方…全てに神様が見ているからね~、真剣にやんなさいよ~と言わんばかりです。

昔から先輩が後輩に託してきた村の伝統・歴史…所作ひとつひとつに意味があり、それを間違いなく受け継ぐ若者たち。教える側も教えられる側も、自分たちの先祖が守ってきた大切なものを誇りを持って受け継いでいるんですよね。川平村、万歳!

川平結願祭