ぷちのひとりごと

今日の石垣島は曇り。昨日までの悪天候が回復しています。うれぴ~!船が出港する時は太陽も見えました。ほっとしますね~、久し振りの太陽です。

ちょびはお客様の出航を見送ってから港で散歩です。ちょびの足取りも軽やか!に感じます。

今日はお汁粉を作ろうと朝からグツグツと小豆を煮ています。…どうやら一日かかりそうです。グスン。…昨日までのあの寒さに耐えかねてです。しかし、今日は暖かい!まぁ~、作りはじめたからと自分に言い聞かして甘い匂いに包まれています。

沖縄では「ぜんざい」と言うと冷たい…カキ氷の中に金時や小豆が入ったものを言います。こっちでは暖かいぜんざいは存在しません。なぜなら、うちなんちゅ~は猫舌だから熱いものは苦手!食べれませ~ん。…だからと私は思っています。

熱いものは熱いうちにが原則の東北育ちの私には理解しがたいのですが…。ご飯は炊きたてが一番!お鍋のもは「ハフ~ハフ~」して食べるのが美味しい!の文化育ちの私は熱いからと言ってお味噌汁やラーメンに氷を入れてたべるまっちゃんが理解できませんでした。笑。

しかし、ここ石垣島ではそーゆー光景が多々見られます。よーく回りを観察すると南国育ちは猫舌が多く、この間もおやつを食べようと入ったパーラーで「ぜんざいね~」の一言に…やはり、この寒さの中(この日の最高気温が16度!しかも外!外でのパーラーです!)…うちなんちゅ~は即、食べれる冷たいものが良いんだと確信?しました。

「寒いからホットコーヒーにしませんか?」と言っても「そうね~、寒いね~。あっ!おにーさん、ぜんざい2つね。」と有無を言わさず注文。寒いね~と言いながら食べるぜんざいは更に寒さを呼んで…ブルッ!その後に来た親子連れも…どう見ても70歳を越したおばぁ~がアイスを食べて嫁さんはアイスコーヒーを頼んで飲んでいます。恐るべし!うちなんちゅ~。

ちょび